スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ市場のグローベックスが売買できることのメリット

CFD取引で扱える商品のなかにアメリカ株っていうかアメリカ市場の指数先物があります。ナスダックとかアメリカ版日経225がそうですね。グローベックスっていうらしいです。ちなみにグローベックスとは、シカゴの先物市場(CEM)で行われている先物の24時間取引システムのこと。

とにかく私達日本人にとって夜中にアメリカの指数先物が売買できるってことなんです。

これって日経225などやられている人などはピンと来る方もいらっしゃると思いますが、凄いメリットがあります。それはシカゴ市場(CEM)の取引をすることで日本時間でいう夜中に日経225が扱えることです。

何が凄いのか?

例えば今日の昼間に日経225を「買い」で売買したとします。夜中アメリカ市場は大荒れでCEMの日経225が暴落したとします。

いままでだと「あー、CEMの日経225が暴落か・・・明日の寄り付きはかなり下がってるんだろうな・・・」なんて感じで次の日ほぼ確定で日本市場の暴落から始まるわけです。つまり夜中のアメリカ市場で下がっていても、それを指をくわえて眺めてるしかなかったんですよね。

結局そうなるとロスカットなどでも寄り付きからして暴落なので、自分が予想していた下限より大幅に下で売らなきゃなんてことも起こるわけです。

けど!CFD取引でシカゴ市場(CEM)も売買できるようになったので、これからは夜中にシカゴ市場が暴落しはじめたら「あー、ロスカットの水準まで下がってきたな、もう仕切ってしまおう」なんてことが可能になるわけですね。

だから、日経225やってる人にとっては翌日の暴落を免れるという意味でリスク管理がより正確にできるようになります。

これは大きなメリットだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

CFDの情報っていうのは確かに少ないですね。自分も雑誌やセミナーで情報収集しているぐらいですから。

他のブログ、サイトはほとんどない状態です。これから増えるとは追いもいますけど。

ちなみにまだデモ口座のみです。
プロフィール
プロフィール

子育てトレード中。トレードはめっぽう苦手。

■第1回トレード
20万円→1万円(終了)
■第2回トレード
10万円→7万円

■現在利用している業者は FXオンラインジャパンです。


簡単な自己紹介はこちら

世界の株式指数
日本【日経平均225】 日経平均株価 1日チャート 中国【香港H株】 アメリカ【S&P500】 dow イギリス【FTSE100】 FTSE 100 Intraday ドイツ【DAX】 DAX 30 Intraday フランス【CAC40】 Cac 40 Intraday ドル円【為替】 ドル円 米国10年債【債券】 米国10年債 金チャート 金チャート
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
免責事項
投サイトの情報により発生するいかなる損失についても、責任を負うものではありません。使用・実行・実際の投資は全て自己責任で行うものとし、投資によるいかなる損害の発生についても著者および当サイトは責任を負わないものとします。

投資は自己責任でお願いします。

CFD・FX情報
最近のコメント
最近のトラックバック
相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
CFD業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。