スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわり証券のCFDツールを使ってみて。その2

前回の続きです。

ツールを使ってチャートや売買をする画面の出し方が
ようやくわかりましたので実際に取引してみました。

ちなみに前回の日記のような画面にするには
ツールを立ち上げてから「ビュー」→「ビューの追加」として、さらに

「ツール」→商品エクスプローラー
「ツール」→チャート
「ツール」→注文取引


をクリックしてください。ビューの追加だけでは取引画面がでないので注意。

さて、画面左側に見えているBOXが銘柄を選択するBOXです(前日記の画像参照)。
ここで指数先物を選んだり、海外の個別銘柄を選びます。

僕は個別銘柄の日本市場、アメリカ、フランスといろいろあるなかから
日本市場を選んでクリックしてみました。

そうすると、日本市場で取引できる200銘柄ほどがさらに表示されます。
アサヒビールを選んでエクスプローラー上で右クリックして「注文」らしき表示をクリック。

そうすると右側のBOXに注文できる欄がでてきます。ビットやらなんやら書いてますね。

「注文~」

まぁデモ画面で練習ですから、なにも考えずに買いました。
そして次の瞬間売りました。

なんでこんなことしたのかっていうと手数料がどれくらかかるのか知りたかったので。
確認したところ往復で1%ぐらいの手数料になっています
たぶんイートレとか楽天証券など日本の証券会社で売買するより高いんでしょうね。

とにかく日本株の売買で1%ぐらいは手数料がかかっていました。
海外個別銘柄の場合はもっと高いんじゃないでしょうか。

そのあたりももう少し追求していじってみたいと思います。
スポンサーサイト

ひまわり証券のCFDデモ口座を使ってみて。その1

デモ口座を使った初日はまったく使い方がわからず挫折してしまいました。

売買画面とかチャート画面すら出せなかったのです。

ただ、2回目の今日はちょっと目をマニュアルのほうに目を向けて
簡単にチャート画面を出すことができました。

「ビュー」→「ビューの追加」

これだけOKでした(汗

実際に10分ほど触ってみましたが初見の感想です。

■銘柄は全て英語表記。日本の銘柄でもそう
■各国の個別銘柄のデータは見れそうだけど、これも英語表記
■チャート機能は凄い充実している1分足、5分足、10分足、30分足、日足、週足など。テクニカル系のカスタマイズも充実。ここは評価できる。


ひまわり証券 CFD取引
↑ひまわり証券のCFDツールの画面

とりあえずの問題は海外の個別銘柄がどれがどれなのかよくわからないってことですね。先物で指数やるのはわかりやすいと思いますが、個別銘柄のデータってどこから引っ張ってくるのか。それが問題。

あと追記しておきますと

■最初は1000万円からスタートします。(デモ口座ですから)
■1ヶ月たつとデモ口座はなくなります(申請すれば最長で3ヶ月使えるみたいです)


CFD取引のデモ口座を開設してみました。

ひまわり証券でCFD取引のデモ口座を開設してみました。2008年の4月現時点では株式のCFDを扱っているのはひまわり証券だけです。どうもひまわり証券はFXも1番早くから扱っていたということで、金融先物に関してはパイオニアですね。

他の会社を選ぶという選択肢はありませんので、ひまわり1択です。

肝心の口座開設ですがデモ口座のほうは5分ほどでインストールできました。登録に必要なのはメールアドレスぐらいなので本当に簡単です。

どうもお金を入金してCFD取引を実際に始めるには、デモ口座で20回ぐらいは売買しないといけないみたいです。凄い厳しいですね。ただCFDは高レバレッジな投資商品なので後々のトラブルを避けるためにやってるのだと思います。

さっそくインストールしたCFDツールを開いてみました。

が、これが最初から大変です。ツールを開いたのはいいんですがニュースやら、ひまわりのサイト画面やらがでてきて肝心のチャートとか売買を申し込むところがわかりません。ガイドが書いてるあるので簡単に呼んで見ましたが、それでも「?」な状態です。

10分ほど頑張りましたが全然わからないので後日、時間をとってじっくりツールの使い方を理解したいと思います。

こりゃー難しいぞ!

CFD取引で日本にいながら世界投資を楽しもう。

「CFD取引」って聞きなれない言葉だと思いますが、
これから日本でもFXと同じレベルで知られてくる言葉になる可能性を秘めています。
僕もつい最近知ったばかりなのですが、
ちょっと調べてみたらとても面白い投資商品だったからです。

ヨーロッパにおける投資売買高の30%はCFD絡みだと言われています。
これが本当なら日本でも人気がでてもおかしくありません。

1つの口座を開設するだけで、「日本株」「アメリカ株」「ヨーロッパ各国の株」
「日経先物」「アメリカの指数」「ヨーロッパ各国の指数」「商品先物」など・・・

これら複数の商品が売買できます。
ここで興奮した人はCFD取引向きですねww

僕はとても興奮しました。いままで日本株以外の投資商品をやるには
いろいろな証券会社にその都度、口座を開かなくてはいけなかったのが
CFDだったらその手間が省けるからです。

証券会社から証券会社へのお金の移動もなくなります。

このブログではこれから伸びるCDF取引を徹底的に紹介していきたいと思います。

相互リンク1(30サイト限定)

CFD取引やFX、株式投資のサイト様との相互リンクを大募集しています。

あなたのサイトにリンクした後に「タイトル」「URL」「紹介文(なくても可)」をメールフォームから送信してください。メールフォームはページ内の左下にあります。


  1. CFD取引でグローバル投資

  2. CFD取引で世界へ駆け出そう

  3. CFD初心者でもわかる入門書

  4. FX初心者web

  5. ずずずのテクニカル投資


プロフィール
プロフィール

子育てトレード中。トレードはめっぽう苦手。

■第1回トレード
20万円→1万円(終了)
■第2回トレード
10万円→7万円

■現在利用している業者は FXオンラインジャパンです。


簡単な自己紹介はこちら

世界の株式指数
日本【日経平均225】 日経平均株価 1日チャート 中国【香港H株】 アメリカ【S&P500】 dow イギリス【FTSE100】 FTSE 100 Intraday ドイツ【DAX】 DAX 30 Intraday フランス【CAC40】 Cac 40 Intraday ドル円【為替】 ドル円 米国10年債【債券】 米国10年債 金チャート 金チャート
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
免責事項
投サイトの情報により発生するいかなる損失についても、責任を負うものではありません。使用・実行・実際の投資は全て自己責任で行うものとし、投資によるいかなる損害の発生についても著者および当サイトは責任を負わないものとします。

投資は自己責任でお願いします。

CFD・FX情報
最近のコメント
最近のトラックバック
相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
CFD業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。