スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CMCマーケッツの口座登録で本が届いた!

CMCマーケットって正式には「CMCマーケッツ」なんですね。今日知りました。まあいいや。

で、そんなCmc markets japanでは口座開設で三空さんの500万→4500万円トレード特集がのっているCFDブックを無料でくれちゃいます♪

家にも当然届きました。

CFD投資実践マニュアル

CFDのメリットがよくわかる1冊で、読んでるとなんでも勝てそうに思えちゃいますね。

続きを読む

スポンサーサイト

Cmc Markets Japan の投資ツールを徹底分析

ようやくCMCマーケットのツールにも慣れてきたので(まだまだですが)、投資ツールの説明ページを作ってみました。本当はこのブログで説明する予定だったのですが・・・本サイトのほうで頑張って作ったら疲れてしまったのですみませんが、そちらを参考にしてください(汗

Cmc Markets Japanの投資ツールを徹底的に紹介します!

CMCのツールは少しとっつきづらいところもあるかもしれませんが、今現在では一番銘柄数もおおくメリットも大きいのでぜひ覚えてもらいたいです。

既にCMCをご利用の方で「ここわかんないよ」なんてところがありましたらコメントください。私でわかるかわかりませんが、調べてみますので。

続きを読む

CMCではじめての取引

とりあえず初取引を最小単位でやってみました。日経225を。

うわー、わからないことだらけだ。

いくら買っていて100円下がるとどれだけ負けるのかとかがわからない。
あと幾ら買っているのかとかもどこみればいいのかわからないです。

で、コールセンターへTEL。なるほど。解決。

CMCマーケットジャパン24時間コールセンターがやってるみたいなのでいいですね。説明も凄いしっかりしてくれました。ただちょっと対応がクールな気もしたのでもっとやさしくやってもらえれば尚グッド。オバちゃんとか絶対困ると思う。

とりあえず把握してきたのでCMCツールのマニュアルでも書きますかね。

CMCマーケットジャパンに口座開設を申請。

CMC Markets Japanに口座開設の申請をしました。

CMCマーケット口座開設

口座開設の入力は10分程度で終了。その後、身分証明書をプリンターでスキャンして送付しました。だからいま手順の3番まできています。ぜんぶあわせて所用時間は15分程度でした。一歩も外に出ないで申し込みは完了です。プリンターがない方は身分証明書を郵送でもOKです。

おそらく、いま審査をしているところだと思いますので明日か明後日ぐらいには結果がきそうですね。落ちてたら軽くショックですがww


デモトレードツールを使ってみて(CMCマーケットジャパン)

先日申し込んだCMCマーケットジャパンのトレードツールを使ってみました。無料のデモツールです。

まず、第一印象。

日本語化しているので使いやすかったです。チャートの使いかたも簡単ですし。とはいっても自分の場合はセミナーにでてある程度やり方を知っていたっているのも大きかったと思いますが。気になっていたシステムトレードのツールも使いましたよ。ふふふ・・・。

情報系のソースについては基本英語です。だから英語ができない自分には情報系の部分はまったく無用でした。CFDをやる以上海外のデータや個別銘柄の情報は別途自分で仕入れるのがベターですね。

口座を開くとニュース系専用のサイトのIDがもらえるみたいですが、これは日本語なんですかね。ちょとわからないです。日本語対応だとしても自分はあんまり使わないような気はします。

CFD取引の場合は売買するときにスプレッドみたいな形で表示されるので(FXと同じだと思います)株式だけやったた自分みたいな感じの人間には最初はとっつきにくいかもしれませんね。10回ぐらいは練習で売買する必要があるかと思います。

簡単な感想になりますが、まずはこんなとことです。


CMCマーケットジャパンのデモ口座に申込みます。

CMCマーケットのセミナーに参加してから2週間ほど時間があいてしまいましたが、本日これからデモ口座に申込みをしたいと思います。

セミナーで感じたイメージではツールも日本語化されていて、システムトレードの機能も使えそうなのでかなり楽しみです。デモ口座が使える期間は15日とじゃっかん短いですから目一杯使いまくるつもりです。

それで来月の中旬ぐらいに実際に口座を開こうと思います。

メールが来ましたが本来入会の際には30万円の入金が必要なのですがインターネットからであれば15万円の入金からでOKみたいです。軽く練習してみたい人は15万円あれば口座が開けることになりますね。

じゃ、いまから申込みします。

CMCマーケットジャパンのセミナーに参加してきました。

先週の土曜日のことになりますが、CMCマーケットジャパンのセミナーに参加してきました。

当日の朝までお酒を飲んでいたこともありカナリの二日酔いでしたがせっかく申込みをしたこともあり気合で参加してきました。

さて、その感想のほうですが一言でいえばこれからのCFD取引の発展にとても魅力を感じられるものでした。FXと同じくやはりCFD取引もどんどん伸びていくのではないでしょうか。

また、参加者の方もまだ知名度の低いなかで先立ってCFD取引に目をつけている方なので投資上級者の方が多いように見受けられました。質問のレベルも高くお金持ちそうな人が多かったです(笑

気になった点を紹介すると

■CMCのツールはほぼ日本語化していて使いやすそう
■システムトレードのツールが凄そう(資金管理の設定もあり、かなり凄いのでは)
■日経平均225のリスクヘッジにつかえる(アメリカの夜間取引ができるのでギャップアップ回避)


このあたりはかなり投資家にとって魅力的だと思います。

ひまわり証券のツールを使ったときに日本語化されていなかったため
使いにくいと感じていたのですがその点が改善されています。

システムトレードなんかおそらく世界の全市場での過去データをもとにシステムが組めるので、イギリス株やナスダックなどの指数でも設定がくめるんじゃないでしょうか?日本株では「検証くん」と呼ばれるツールがいまひそかな人気になっていますが、CMCマーケットジャパンに口座開設をすれば無料でできることになるので、これが本当に使えるものであればすごいっていうか凄すぎですね。

日経225のリスクヘッジというのも、例えばいままでだったら夜中にアメリカ市場で日経225が上がると次の日の日本市場では大きくギャップアップして寄り付くことになります。しかしCFD取引であれば夜中のアメリカ市場で上がっている時点で売れることになるので、そのギャップアップを回避することができます。ロスカットがちゃんとできるってことですね。

この3点だけでもカナリの魅力を僕は感じました。

反対にデメリットです。

これはセミナー中にはまったく触れられなかったことなんですけど。CFD取引は現時点では総合課税になっています。つまり収入が多ければ税率が最高で50%近くになるあれです。FXもそうなんですけどFXの場合は分離課税となる「くりっく365」と呼ばれる商品があります。しかしCFDにはまだありません。

つまり、まぁ端的にいえば本業の収入が800万円とか900万円以上ある人は総合課税の投資商品はきっついですね。勝っても半分はもっていかれるわけですから。

正直、そのあたり「いつになったら分離課税の商品はでるんですか?でる可能性はありますか?」なんて質問しようと思っていたのですが、なんか全く触れられることがなかったので主催者の方へ気を使ってしまいました。このあたりは後日メールかなんかで質問してみたいと思います。


テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール
プロフィール

子育てトレード中。トレードはめっぽう苦手。

■第1回トレード
20万円→1万円(終了)
■第2回トレード
10万円→7万円

■現在利用している業者は FXオンラインジャパンです。


簡単な自己紹介はこちら

世界の株式指数
日本【日経平均225】 日経平均株価 1日チャート 中国【香港H株】 アメリカ【S&P500】 dow イギリス【FTSE100】 FTSE 100 Intraday ドイツ【DAX】 DAX 30 Intraday フランス【CAC40】 Cac 40 Intraday ドル円【為替】 ドル円 米国10年債【債券】 米国10年債 金チャート 金チャート
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
免責事項
投サイトの情報により発生するいかなる損失についても、責任を負うものではありません。使用・実行・実際の投資は全て自己責任で行うものとし、投資によるいかなる損害の発生についても著者および当サイトは責任を負わないものとします。

投資は自己責任でお願いします。

CFD・FX情報
最近のコメント
最近のトラックバック
相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
CFD業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。