スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにぃ~、やっちまったなあ!イギリス指数取引でポカ。

失敗した・・・。

イギリスの指数を取引して3950で売って、4000でロスカットを入れてたんだけど枚数が多すぎた。10枚?でやってたんだけど1枚で充分だった。

ロスカットが入って負けた金額が5万円だった。17万円→12万円に(泣。
心が折れそうだ。

逆に言えばこのまま下落してくれていて200幅とれていれば20万円勝ったってことだから、17万円→37万円になってたってことか。前向きに考えるとね♪ただ、少ない資金でやってるわけだからそんな冒険はまったくいらないわけで。

まあ勉強ってわりきるしかないな。だってどれくらいの枚数でどれくらい動くかってイマイチわかんないんだもん。初めてやる商品って(自分だけ?)。勉強、勉強(と言い聞かせる)。

いやー0円になる日も近いのかなww
嫌すぎる。

続きを読む

スポンサーサイト

ヨーロッパの不動産バブルについて

8月9日号の週刊東洋経済「世界複合危機」を買って読んでみました。今回の号はサブプライム問題、中国、ベトナムなど世界経済の詳しいデータが紹介されているのでCFD取引をする人にはかなり参考になると思います。

その記事のなかでも私が食いついたのが、60ページにあるヨーロッパの不動産市場のバブル崩壊についてです。それによるとここ10年にわたって特にヨーロッパ地域では土地の上昇が激しく、バブルの崩壊が始まっていると紹介されています。

データを見る限り2007年の半ばにはピークアウトしてすでにその傾向が見られるわけですが。。。

まだ序章としていますから、これからヨーロッパの不動産株はもっと下がるのかもしれません。(ちなみに今現在、ヨーロッパの不動産株についての値動きは全然知りません)。いま日本でも不動産株はメチャメチャ下げてますが、同じようなことが起こるんでしょうか。気になる人はチェックする価値があると思います。

イギリス株の情報はどこで掴む!?

CFD取引ではイギリス株やドイツ株、フランス株などヨーロッパの株が充実しています。ひまわり証券CMC Markets Japan もこれらの国の株が売買できます。
これは、おそらくCFD取引自体がヨーロッパが発祥だからだと思うんです。

で、肝心のヨーロッパの株ですが、とにかく個人投資家からしてみると情報がありません。イギリスの株式市場なんてかなり大きいと思うのですが、それでも皆無ですよね。本もないし、サイトもブログもないのが現状です。

個別株やるには情報が命です。最低限、どんな会社なのか知りたいし財務諸表も見たい。


イギリスのyahooファイナンスで英語で確認するしかないんですよね・・・。困ります。
プロフィール
プロフィール

子育てトレード中。トレードはめっぽう苦手。

■第1回トレード
20万円→1万円(終了)
■第2回トレード
10万円→7万円

■現在利用している業者は FXオンラインジャパンです。


簡単な自己紹介はこちら

世界の株式指数
日本【日経平均225】 日経平均株価 1日チャート 中国【香港H株】 アメリカ【S&P500】 dow イギリス【FTSE100】 FTSE 100 Intraday ドイツ【DAX】 DAX 30 Intraday フランス【CAC40】 Cac 40 Intraday ドル円【為替】 ドル円 米国10年債【債券】 米国10年債 金チャート 金チャート
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
免責事項
投サイトの情報により発生するいかなる損失についても、責任を負うものではありません。使用・実行・実際の投資は全て自己責任で行うものとし、投資によるいかなる損害の発生についても著者および当サイトは責任を負わないものとします。

投資は自己責任でお願いします。

CFD・FX情報
最近のコメント
最近のトラックバック
相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
CFD業者ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。